GOOGLE33

最新の包茎治療

包茎治療というと、昔は「メス」を使った包茎手術が中心でしたが、最近では、メスを使わずに行なう手術も多く行なわれています。

 

全ての症例に適用されるわけではありませんが、メスを使わないということはそれだけ回復も早く、気分的な負担も少なくなるということなので、もし包茎治療を考えているということであれば、選択肢の1番目に、いれておくといいのではないかと思います。

 

 

 

では具体的に、メスを使わない包茎手術とはどのような方法で行なわれるのでしょうか。

 

通常は、余ってしまっている皮を切除するという方法で手術が行なわれますが、切除なしの手術では、皮に人為的にシワを寄せ、それが戻らないようにする、という方法がとられます。

 

まぶたを二重にするプチ整形と、方法的にはほぼ同じです。

 

 

 

メスなしの包茎手術は当然、治療時間もぐっと短くなっています。

 

メス有りの場合、60分程度必要になることがほとんどですが、メスを使わない方法なら30分程度と、外来と同等の時間で手術が済むことになります。

 

費用も切除に比べて半額以下になるので、切除手術の値段をみてコスト的にあきらめていた方も、1度メスなしの方法を採用している病院に、相談してみてはいかがでしょうか。

身体にメスを入れたくない方必見 切らずに包茎治療をする方法

 

身体の悩みって、なかなか人に相談することもできなくて、ずっと1人で悩み続けている方も多いと思います。

 

そんな悩みの中でも、男性にとって、非常にデリケートな問題でもある「包茎」で人知れず悩んでいる方もたくさんいるのではないでしょうか。

 

「包茎」は手術をする事で治すことができますが、手術と聞いて、身体にメスを入れるのは怖い・・費用もそれなりにかかるのではといった不安や、治療を行うクリニックなどに女性スタッフがいると思うと、恥ずかしくて行くことができないなど、いまひとつ治療に踏み切れず悶々としている男性も多いと聞きます。

 

しかし、現在の包茎治療は目覚ましい進化を遂げていて、特に有名な「東京ノーストクリニック」のホームページを見てみると、コスメティックマスター法と呼ばれる技術を使い、切らずに包茎治療をする事が可能と書かれています。

 

包皮を根元に寄せて戻らなくして、亀頭を露出させるという、とても水準の高い治療法なのですが、施術にかかる時間も、わずか30分ほどで非常に早いのも特徴で、かかる費用も3万円程度とホームページには記載されていますので、とても低価格で施術する事が可能なのではないでしょうか。

 

しかも、クリニックの医師やスタッフが全て男性という点でも、メリットであると思います。

 

思い切って、包茎の治療をする事で、これから自分に自信を持つきっかけにもなるのではないかと思います。

包茎治療の為のクリニックの探し方

 

包茎を放っておくと、雑菌が繁殖したり、包皮炎や尿道炎になったり、早漏になりやすくなってしまったりと色々大変なのです。

 

仮性包茎の場合は、自分で対処できますが、真性包茎の場合は、きちんとクリニックに行って包茎治療を行う事が大切です。

 

良いクリニック選びの条件をお話したいと思います。

 

まずは、全てが男性スタッフである事が第一条件です。

 

デリケートな問題ですので、女性にみられたくないはずです。

 

配慮の行き届いたクリニックを選びましょう。窓口で気軽に相談ができるところも良いですね。

 

資料請求で料金等がわかったり、フリーダイヤルで相談できるところもあるので、チェックした方が良いかもしれません。

 

 

 

執刀医の実績も大事です。その為には手術を受けた事のある人から情報を仕入れて判断するのが良いでしょう。

 

大事な手術なのですから、テクニックに不安がある様な執刀医を選ぶ事を避けるのが大切です。

 

ペニスの状態は一人一人違いますので、マニュアル通りにはいきません。

 

個別にしっかりと熱心にカウンセリングしてくれるクリニックが良いと思います。

 

カウンセリングはとても大事です。

 

全てにおいて、医師に信頼がおけるかどうかを判断材料にしましょう。

 

この人なら大丈夫という人に出会えた時、手術を安心して任せられると思います。